世界的にGDPマイナス30%以上。もう元には戻れない。

昨日の投稿 「ウイルス後の本当の世界が見えて来た。一寸先も見えない恐怖の世界だ。」( https://www.munetomo.club/posts/9563795 )で話した通リ、既存の消費は戻らない。私自身、フィリピンビジネスでも、なんだ30年前に戻るだけさ。日本ビジネスでも50年前に戻るだけさ。と安易に考えていたが、そうでは無い。フィリピンの30年、日本の50年で既存の習慣に慣れてしまった人の今回の明日への恐怖感は、「明日があるさ」で遣って来たその時間だけ、大きな反動となり、今までの消費が元には戻らない事が解って来た。全く違うビジネスモデルに成ってしまった。

先にも言ったように、25年先まで見通しが無ければ、住宅ローンは組めない。25年先まで見通せなければ、建築は出来ない。建築が出来なければ、不動産価格は下落する。都市一極集中の概念が崩れ、まずは東京・大阪その他大都市の郊外地から過疎化が進む。

フィリピンの場合、マニラ近郊に75%の経済があるが、今その崩壊で、45%の失業者が田舎に戻りたいが、交通機関が無い為に足止めを食らっているが、しかし田舎に行っても仕事は無い。ただ都会で路上生活はしたくないとの気持ちだけだ。

日本の年金、年金基金と財政補助だけでは年金は払えない。現在の就労者から集める年金基金が無ければ払えない。しかしそれが30%減ったら、年金の支払額も減らさなければなら無く成る。息子娘の親の年金や預金に頼って来る状況も視野に入って来た。それでは消費はどうなる。今まで家もある。年金もある。子供たちも独立している。だからこ゚の年金で美味しいものを食べ買い物し、旅行もする と言う人達が極端に減ったら日本の消費経済はどうなるのか? 海外旅行者、特に中国、韓国には既に期待できない。では他国は? 観光立国という言葉は当面日本には存在しない。では地方や都心で作り過ぎた宿泊施設はどうなるのか?鉄道、バス、タクシー、ロープウエイ等の運送はどうなるのか? 生きられるのか?

明日への恐怖感が消費に与える事で、コスパがより求められる中で、価格を下げる為には原価も下げなくてはならない。このドミノ倒しが何処まで耐えられるのか? 恐怖しかない。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000