隔離・マニラの男の手料理・弁当事業のパートナー探しには時間が掛かる。

弁当事業の基本はP120弁当だが、120ペソから800ペソまで価格帯を拡げることに今サプライヤー側と協議している。基本的にはBGCからマカチィ、その他の地域に広げて1日5千食から1万食の売上を確保しないと、採算は小規模でも取れるが、利益的には面白くない。サプライヤー側も同じで有る。1日150万ペソ(300万円)の売り上げ目標を最低限に置く必要がある。サプライヤー側はその規模がある者と組まないといけない。即ち30名以上の料理人とそのキッチンが要る。その規模のサプライヤーと交渉を行い、その会社の役員会の決定を待っている。まあ駄目かもしれないが、しかし、同じ苦労をするなら、また遣るなら、この規模で遣らないと、サプライヤ―側も満足しない。フィリピンにはこうしたコネが多くあるが、離れていた日本には無いことも考えさせられる。しかし、ちょっと時間が掛かるので、また暇に成ったので何時もの料理をやり始めた。

ポテトのシチュー、サラダとハムとチーズ。またまたステーキや、ハンバーグステーキ。すき焼き、小エビのスパゲティ―とサーモン添え。まあフィリピン、まだ餓死者が出ていないが、庶民生活は大変である事は解る。1日100ペソ(200円)で生きている人々には申し訳ないが、1日200円で生きて人からは商売には成らない。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000