今朝の朝食。久々に良いパンを食べたくなった。

フィリピンにはよいパンが少ない。それは高い小麦粉を減らして作っているからだが、良いパンを買おうとすると、どうしてもヨーロッパ食材店に行く事になる。日本食材店でもよいパンがあるが、小粒である。
今朝は昨日買ってきたPAULポールのパンで朝食を楽しんだ。1889年にパリで創業した老舗のカフェで7〜8年前から世界的に展開を始めたが、日本では三越のデパ地下にあるが、日本は良いパンが多く有り、一般のパン屋でも自家製パンを造っている。そんな訳で日本での展開は抑えたのであろう。
フィリピンも昔はパンデサルと言うパンを町々で作っており、朝になると各家庭に売りにきていた。今でもすこし田舎に行けば、パンデサルとタホと言う豆乳を売りに来る。それがフィリピン名物しであるが、マニラではパンデマニラというパン屋が展開している。しかしパンデマニラのパンの味も、昔はヨーロッパ調の味で好きだったが、今はマニラの一般市民が好む、甘ったるい味になり、シナモンなどの香りも無くなり、私に言わせれば馬鹿な味となったのでもう買いに行く気はしない。
そうそうフィリピンでカフェと言えば、カフェ アデリアチィコが有名だ。今、女好きの日本人や韓国人が好む、エルミタ、マラテは昔は日本でいう鎌倉、葉山の感覚で多くのお金持ちの別荘が多く有り、マラテ教会のミサの後に紳士淑女が集まるアデリアチィコサークルの角にあり、周りのゴーゴーバーとは裏腹に今でもクラシック音楽が聞ける店で、30年前にはよく行った店でもある。パスタが美味しかった。
さて、ポールは日本での展開は抑えたが、フィリピンでは急速に展開を始め、BGCやマカチィには多くの店がある。いっぱん庶民の場所には無いのだが、多分今マニラで10店舗は展開して居ると思う。やはりフィリピンらしく、店に寄って味が変わるが、しかしあるグレードは保っている。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000