日本に行く為の準備が進んで居る。IPhone・iPad・Watchの使い勝手の最終段階。

いつになるかわからないが日本にはビジネスで行くので、それなりの準備が必要だが、ビジネスに使うお道具が必要となるが、昔の様にあれもこれもと持って行かなくても良い時代となった。IPhone・iPad・Watchだけ持っていけば、私が思うビジネスの資料は全て作成できる。まずはWatchのコンプリケーション設定でアイポンを触らくても、操作出来るビジネス向けに変えて見た。第一に自分でIPHONカメラのシャッターを押さなくてもWatchからiPHONの写真撮影やビデオ撮影を操作できるし、Watchがモニターにもなる。そして、今すぐ翻訳はあまり役に立たないが、ちょっとした忘れた単語やスペル確認では役立っている。そしてボイスレコーダーをwatchから操作、会議などや会話録音、後で文字起こしもしてくれる。そして電話機能、時間を計るストップウオッチ機能、と入れておいた。
今回から日本でやる事は、まずはビジネスの場所の物件探しである。ものを計ったりする為のメジャー機能があるCamToPlanアプリを入れて置いた、これは写真の様に物が測れて、その方位も一緒に記録され、部屋の中を全て測ると、自動的に図面も起こしてくれる。簡単な3Dで立体模擬計画も作れるアプリも入って、現場で簡単にイメージが纏められる。このアプリは15年前以前に多くの建築を行っていた時に使っていたアプリだが、今は進歩して、そのままブループリントまで作れる。大きな物件はグーグルマップで測定出来るし、測量無しで図面化出来る。
まあこれでいつでも日本に行けるし、今まで大きなスクリーンに繋がれたデスクワークから解放され、ハウスモビリチィの実現の為に、事務モビリチィーを実現した。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000