DEEP FAKEの可能性と怖さ。コンピュータ・グラフィックスCGの将来性。

DEEP  FAKEはブラウス上で公開されているソフトでAIがある人物Aの顔の動きを分析し、他のビデオに写っている人物Bの顔をAの顔に置き換えられるソフトであるが、この度AVビデオにこのソフトを使い、女優の顔を有名女優の顔に置き換えたとして、3名の人物が逮捕された。このソフトを使っての日本で最初の逮捕事例だが、こうした悪用すれば御用となるが、今考えている『俺の放送局」でも使うことは考えられる。それにCGコンピュータ・グラフィックスを上手く使えれば良いし、今は自分が現場に行かなくても、あたかもそこにいる様な画像も作れる。今やCGで爆発も作れるし、実際と遜色ない動物や人物も作れるところまで来ている。それに簡単なアプリでも出来るようにもなって来ている。今までの様に監督カメラマン俳優その他のロケ班が彼方此方に動き回る作業が無くても映像ができる時代になって来た。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000