久々の床屋、何処もかしこも不景気だ。

3月から床屋は8月と今回でこれで2回目。それも20年近く通うマカチィ、スクエアにある床屋は、マカチィ、スクエア自身が今やスリ、引ったくりの巣窟で危ないし、そうした人間がウイルスを拡散するので、行きたくない。そこでBGCで何時も買う洋食材のサンチィスの隣にあるこのバックアレイ、従業員も丁寧、お道具も良く、店内は広く、大きなスピーカーがあり、軽音楽が素晴らしい。その上ウェブページもある。お値段は多少高めで400ペソ800円でマカチィ、スクエアは260ペソ500円で少し高い.マカチィ、スクエアは260ペソから50ペソが散髪する人に行き、残りがオーナーとなる散髪台のレンタル事業だが、私は何時も50ペソのチップをやるので、私が来れば100ペソの収入になる。このBGCの床屋は多分100ペソが散髪する人に行くのだろう。私はチップを100ペソあげるので、計200ペソも収入。しかし残りの300ペソでオーナーはどうして維持できるのか? 旋回来た時は私だけ、今回はもう一人だけ、直ぐに悪い癖でP\L,B/Sが頭の中で計算してしまう。ここはハイストリートの裏側で、トラックも積み下ろしが出来るので、BGCで食材店をやった場合にはこの場所が最高だと思っているので、洋食材店も此処にあり、私が食材店をやっても此処でやると思っている。(笑)
まあそれは置いといて、このウイルスで前の駐車場は閉まっているが、ここの道には今は無料で前に停められる。不精者には絶好の場所だ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000