隔離8ヶ月、マニラ男の手料理。仕事の事を考え始めると食事は疎かになる。

何しろ現在は一人芝居で、仕事を考えるには、社会状況の分析から、社会が何を必要として、何が現実として足りて無いか、そしてそれをする為の価格分析から、その価格をどうしたら実現できるのかの試算と分析。そこら辺の情報をこのブログに、ダラダラと書いているのだが、しかし、それには時間を取られて、しかも、結構頭を使う。そこに頭を使うと、料理を考える事が疎かになるのは当然で、まあ簡単な物にしかならない。例のお弁当宅配ビジネスは、実はこうした私を楽にする方法で、11年前まで飲食をやっていた時と同じ発想である。来週から本格的な試食会が始まるので、楽しみだ。
そんな訳で今週のメニューはお粗末である。何時ものステーキ、ラーメン、スパゲティカルボナーラとシャケ、ちょっと焦がしたが、餃子とチャーハン、つくね焼きと大根の煮付け、バターライスとソーセージ串焼きとマッシュルームとコーン、日本風ケチャップスパゲティとハムサンドイッチ、牛丼、それに最近は漬物に凝っている。まあ簡単メニューである。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000