面白ろアメリカ大統領選挙、韓国と一緒、水増し投票。中共と付き合うとこうなるのかね。


東欧ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領(66)の退陣を求め、抗議行動が拡大しているが、これもそうで、国民の大半が反対してるにも関わらず、選挙結果は80%がルカシェンコを支持してる得票結果となった。勿論、票の水増しである。中国共産党、及び独裁国家の新たな戦法である選挙の水増し、買収により民主国家の根源を揺るがす作戦だ。今回のアメリカ大統領選挙に於いても、オバマ、フィラリー、バイデンで内部汚職にまみれた共和党がアメリカの自由で開かれた選挙を屈辱した事が判明した。前回の韓国選挙も同じ様で、支持率その他の操作と水増しがあったと思われる。それも今回のアメリカ大統領選挙は余りにも東欧ベラルーシ同様に滑稽な状態で暴露されている。変に急速に追い上げたバイデン票の面白さである。それも共和党が選挙管理をいている地域に顕著に現れていて、例えばノースカロライナの選挙集計では、投票登録者数516万人に対して、538万人の投票数があり、有りえない数字が出ている。日本では投票数は50%割れがが当たり前だが、アメリカでもせいぜい60%の投票率なのに90%を超える得票率が続出していて、このノースカロライナの110%投票率は笑うしか無い。ここまで共和党による選挙不正工作が現実のものとなって来たその背景には、勿論、中国共産党とロシアの、戦争に使うなら、この方が良いと言う金による、堕落を誘い、国民を支配しようとする狙いが、赤ら様に出て来た事になる。
アメリカの主要メデイアの対応にも、不可思議な点が多いい。SNSのツイッターは完全に中国共産党の工作員が内部にいる。日本のメディアもフジテレビを始めとして、バイデンスキャアダルは一切報ぜず、バイデンが当選しても、国民に彼に対する不信感を持たせない様に誘導しているのは何故か? 私の勘では、日本も既にそうした事が動いているのでは無いか、自民党の今の政策を中共寄りにする為に、野党を編成して、最終的に公明党の自民党に対しての裏切りで、野党逆転劇を実現させ、鳩山の様な政権を作るという筋書きが見えてくる。勿論、日本メディアも、これに一枚乗るわけである。
そう考えると、我々自由圏の存亡とも言える。まあその経験をしたオーストラリアは良く分かっている筈だ。しかし困った時代になった。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000