フェースシールドも進化している。日本はマスクだけだが、フィリピンではマスクとフェースシールドが義務。

いや困ったモンダ。今までは鼻下までのフェースシールドとマスクで、誰も文句言わなかったが、前回、あるガードが、お前のフェースシールドは半分だから、この施設には入れ無いと言って来た。まあフィリピンだから、何の基準も無いのだから、個人的な見解の相違はある。ガードに限らず警官でもそうなのだから、認識論はフィリピンでは意味がない。フェースシールドでも顔を全部覆うものの中には、それじゃ横から全てウイルスが入るだろうと思えるものもあるし、様々である。これは日本でも同じで、このマスクで無ければと言う規定は無い。まだ世界的にそうした規定は無いが、前から言っている様に、このウイルスは恒常化されるので、基準が出来るのは当然であると思う。
今回買ったこのフェースシールドは少し高かったが(600円)、顎までカバーされて、顔に沿ってカーブをしていて、毛の生え際までカバーされている。
これで今日本で開発が進んでいるUV利用の首掛け除菌器を付ければマスクは要らないかも知れ無い。顔認証でもそうだし、マスクは人を認識する事が困難で、いつ迄こんなものを着用するのか、勿論持ち歩きを考えればマスクは楽だが、。。。しかし、何故家庭内感染をするかと言う、基本原理が確立されていない現状では仕方ない。感染防護の服の一番の注意点は、脱着する時に衣服に触れないと言う原則が有る。この点から、うちでは帰宅後、ドア横に設けた隔離場所で、衣服を脱ぎ捨てて、着ていた衣服を隔離して、高温で洗濯している。その為にボロい服しか着れない。それは毎回洗濯するからで、自分の体も熱いシャワーを帰宅後直ぐに浴びる。前にも言ったが、UVを使ったキャビネットを玄関横に置き、帰ったら直ぐに洋服をその中に入れて除菌すると言うものは必要だと思っている。マスクは良いが、ただマスクで使い捨てでは、本来の絶対的効果にはならない。こうした朝出る時から、食事以外は絶ったい外さない、尚且つ、常時除菌を行う仕組みが急がれる。マスクと言う簡易な物を捨て、人類は次の段階へ早急に移行する必要がある。ワクチンでも1年か2年しか有効では無いのなら、地球も他の惑星同様に防護する仕組みが必要である。言わば宇宙服。(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000