宇宙への新しい第一歩。みらいへの予感。

米宇宙企業のスペースXは米東部時間15日午後7時27分(日本時間16日午前9時27分)、野口聡一さん(55)ら4人の宇宙飛行士が搭乗する新型宇宙船「クルードラゴン」を米フロリダ州のケネディ宇宙センターからファルコン9ロケットで打ち上げ、国際宇宙ステーション(ISS)へ向かう軌道投入に成功した。
この最も重要なポイントは第一弾目のファルコン、ロケット 全長70m,重さ560tを大域圏外で切り離し、成層圏突入もロケット噴射で速度を落として、決められた地点に着陸させる事で、スペースシャトルとは全く逆な発想で、再利用でのコスト削減を目指している点で、これで、日本でも開発が進む、人間が乗るカプセル部分で、同じく大気圏への突入速度をコントロールして、地上に着陸出来る様に成れば、ロケット本体もカプセルも大気圏での損傷を防ぎ、ロケットもカプセルも再利用可能と成れば、宇宙開発に大きな貢献となる。又、月面基地での使用も可能となる。日本もH2ロケットの成功に溺れず、次への躍進が必要となる。そう言った意味では、新たな宇宙覇権の世の中になったと言える。2024年からスタートする月面基地構築への道が一つ開かれた。
しかし、その第一歩に日本人宇宙飛行士、野口さんの功績は大きい。スペースシャトル、ソユーズ、そして今回3度目の挑戦の記録は日本の歴史に残る偉人の一人となった。次は日本の有人飛行船での、4回目も期待したい。60歳定年なんてクソ喰らえだ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000