Gotoトラベル、Goto イートは良いけれど、辞めた後が怖い。デスカウント価格は戻らない。

Gotoトラベル、Goto イートはお店側や宿側の定価の高値をベースに割引が効く制度だが、それが使い方によっては、今は半値近くになるし、まあ3割は値引きとなる分を国や地方自治体が負担して、業者の定価売りをサポートしているので、業者は定価で売れるので助かっている。そしてそれを扱っている、旅行業者も定価分の手数料を取れる形になっている。ボーナス削減等で支出を控えてる消費者の動向を活発化させて、業者を助けると言う意味では、これも意味を持つものであろう。しかし、それはいつかは終わる。来年の3月なのかも知れない。
そこで怖いのが、終わった後である。まだ外国人も入って来ない、人々や会社のお財布も硬い事は未だ続いている中で、元の定価販売に戻れるのか?それが問題となる。都市部での家賃を考えると、昼食で1000円の代金を貰わないとやって行けない。1000円で20名の客を入れて、20000円を確保したいのが、店側の本音であろう。これが700円で30名のお客と考えても、現状では値引きをして、その分客が入れば良いが、密と言う面では、お客が嫌厭するので、それも難しい状況であるが、痛し痒しのこの状況から、一つの解決策は、都市部での店舗の賃貸料の30%削減が必要で、これが無ければ、ここで借金を増やした、飲食業や宿泊業の更なる閉店は続くであろう。 2021年暮れには2019年水準の店や宿泊業の30%は廃業に追い込まれるであろう。しかし賃貸者側も、借入金の返済と金利で、30%の賃貸料の値下げは出来ない。しかし、そうしなければ店舗は出て行くか、破産する事になる。
せんべろと言う業態があるが、1000円で呑んで食べてだが、こうした店は見ていると、家賃負担が殆ど無いところでの営業で、従業員もいない。その上造作の償却もない。結局、家賃部分への影響が最終的には大きく広がり、賃貸収入の下落から不動産等への更なる価格下落が加速され、今の異常な株高はこの土地投資のお金が行き場所を失い、取り敢えず株にという状況である。中共ウイルスの後遺症は大きい。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000