亡き伊丹監督の「スーパーの女」を見て、商売道を憂う。

映画スーパーの女は、1996年の日本映画。伊丹十三による脚本・監督作品。スーパー大好き主婦が幼馴染の経営するダメスーパーマーケットを立て直していくというサクセスストーリーである。 大ヒットを記録して第20回日本アカデミー賞優秀作品賞などを受賞。主演花子役宮本信子は監督の妻である。その他に大ヒットしたマルサの女がある。まあ若い方はご存知では無いかも知れない。私はこの映画を見る度に、商売に対する気持ちを奮い立たさせて貰う。このスーパーの名前は正直屋だが、敵対勢力に追い込まれて、正直を失い、製造日改ざんや肉の混ぜ物や和牛と言ってはオーストラリア牛を売る様な、こうしたお客様に対する背信行為が日常化していたが、店長の幼馴染の花子の出現で、改善して、とうとう敵対勢力にも勝ち、地域一番店に成っていく。その過程を面白可笑しく描いた作品。しかし、そこには商売の根源でもある「損して徳取れ」や「三方良し、売り手良し、買い手良し、世間も良し」こうした商人道を改めて思い出させてくれる。私は成功していないので、大きな事は言えないが、しかし、商売に失敗する人は、この商人道から逸脱した時に起こっている事は確かであり、気の緩みがこれを許してしまう。いまの様な中共ウイルスで、商売が軌道に乗らない時こそ、原点回帰が必要である。
今こそお客様が何を求めているのか、それが今までの既存の方法で解決出来るのか、出来ないならどうすべきなのか。人を騙して自分だけ徳を取ろうとしていないか。「三方良し。売り手良し、買い手良し、世間も良し」をもう一度振り返るべきである。困っているのは、自分だけでは無い。人が困っている事と、自分が困っている、大きな負の力を、どうにか逆転の発想に出来ないのか。例えば飲食業で考えると、こんな味のラーメンが出来た、これならお客は来てくれる。その思い込みが、ここ迄の過度な出店ラッシュを作り、自滅して行くという事が、未だに解らずにいる。これでは「三方良し、売り手良し、買い手良し、世間も良し」に成っていない。私に言わせれば、思い上がりの品を買い手に押しつけているだけだ。この御時世、食事でハシゴをする程ゆとりは無い。1箇所で飲めて、摘んで、食べられる所が、欲しい。そこ1箇所で済むお店が欲しい。ボーナスも無い。昇給も無い。ローン地獄。とお客が思っているのかも知れない。
ラーメン屋に行けば、食べたら早く出て行って欲しいと、言わんとばかり急かされる。今までは2軒目、3軒目の1箇所にラーメン屋は位置づいていたが、一軒にしか行かないと決まった瞬間に、ラーメン屋には行きたく無くなる。それに今の若い日本人はカロリー取り過ぎで、戦後生まれの我々は長生きするが、飽食の今の若者は長生きしないのでは無いだろうか。そうした学術文献もある。世の中の生き方の変化も問われる時も来ている。
スーパーの話に戻るが、私が言う、各家に冷蔵、冷凍が出来る宅配ボックスが出来ればスーパーのあり方は変わる。各家に冷蔵、冷凍が出来る宅配ボックス事は難しいとの考えがあるが、今の冷凍冷蔵庫が内側の扉と外側の扉が有れば、外側を表に出せば、一台で可能で有る。という考えに立てば、実現不可能では無い。しかし、こう成った場合、スーパーは用無しになる可能性がある。これぞ。「三法良し。売り手良し、買い手良し、世間も良し」となる。ママチャリでスーパーに子供を連れて買い物に行かなくても良いならば、それも良し。(笑)このスーパーの女の話は25年前の話である。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000