フィリピンで不況に勝つ 2/3

ペソ安に成っても良い商売とは何か? ペソ安に成っていない時に投資したものは、例えば不動産を買っていたり、飲食店に投資していた場合、不景気で実際価値も落ちますが、投資金額を円換算すると目減りした事になり、為替差損と実際差損が増大し、結局、大損をしたことになります。日本で稼いだ金、例えば年金などを日本から送った場合は得になります。では年金生活者がフィリピンで暮らす場合、得になるのかと言えば、その分物価が上がりますから、得には結局ならず、金回りが悪いのですから、社会的に犯罪が増大し、損得より危険になるので、相対的には損する事になります。

同じことがフィリピンでは繰り返されているので、出稼ぎ者王国に成った訳ですが、出稼ぎ者は海外で働き、その一部を送金するので、ペソ安は受け取り側にとっては良いのですが、物価高は避けられません。まあこれも織り込み済みで、過去のこうしたことから、バリクバヤンBOXと言う、お金で送るより物を送るという仕組みが出来、こうした物には国も課税しないというルールが出来上がったのです。

さてここまでの話の中で何か面白いビジネスは有るでしょうか? ここから単純に思い浮かべるものは人材事業です。国内では人材に関するトラブル回避や経費削減が望まれて来ます。また海外などで働きたい人も増えてきます。そうした人材事業、人材教育事業は発達する可能性は大きい事は解っていますが、この分野は国からの免許事業となり、これを無視して人材の斡旋や募集をした場合は、この国のように貧しい国では、人身売買と見なされ最大級の刑罰と成ってしまいます。

幸い、うちはこの国トップの海外人材派遣会社と提携し最大200名以上の海外送り出しトレーニングセンターが稼働し始めているので、海外送り出しは問題が無いし、送り出しをしたい方には、簡単に使える仕組みも出来ている。

その上、今度、うちのフィリピン日本人ビジネス協同組合の組合員が、組合事務所をベースに国内人材派遣会社を立ち上げるので、国内ベースの人材データベースを作ることが出来る。また、日本人経営のレストラン業に対しては、各人員の入替わりに伴い多くの事務経費が掛かる上、トレーニング等の無駄な時間と労力が居るが、それをオールインワンにした人材派遣プログラムを提供していく。その上売り上げが落ちた場合に、簡単に解雇できる仕組みもあり、不況に苦悩する中、従業員問題の軽減は大きなメリットとなると考えている。

フィリピン従業員は簡単に労働省に訴えるケースが多く、またこれをそそのかす弁護士も多いので、下手にそんな事になったら、経営が大変な上に、裁判所への出頭命令は大きな経済的、時間的な損出を生む事になる。 次回に続く。



Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000