フィリピン人材海外派遣事業

昨日はフィリピン介護士のドイツ向け研修が始まり、パーティーがこの国最大の海外派遣会社 社長によって当社食堂で行われた。
日本人企業で新規にこの産業に参入されたい方もお招きし、この社長にご紹介した。
しかしここまで来るには直前まで大変だった。当初パーティーはうちの正面玄関で行う予定だったので、正面玄関約300平方のペンキ塗り替えを頼まれていたが、工務店に頼んだが皆同じ。半金を払い仕事をスタートするが、半金使い切るともう来ない。なぜと言うと全額寄越せとなるが、もう信用出来ない。それを頼んだうちの二人のマネージャーが仕方無く自分達でペンキを塗って無事完了。(笑) 10年以上選手は心強い見方だ。最も彼ら二人は新車に乗っているが、私は20年落ちの車と言うのも時代の流れ。私はこの事業では後1年は給与が取れない。まあ趣味だから良いかと諦める。
しかし、ペンキを完璧に塗った事に大喜びした社長が、別の500名規模の仕事を回すと言ってくれた。無給も後10ヵ月で済むかも知れない。
努力はかって出るもの。仕事は附いてくる。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000