フィリピンでの食生活の末路

最近は自炊が多い。しかし日本では年間自宅で食事をするのは10日程度。フィリピンに来て、昔はレストランを遣っていたので、板さんになんでも頼めたが、7年前に何軒かあった、そうしたレストランは一気に辞めた。4年前BGCに越してきたが、理由は近く(歩ける範囲に)に多くのレストランが有るからでもある。しかしこの4年で何十件もの店が無く成り、また出来たが、そろそろ終わりに近づき、写真のようにブルゴスサークルでも3軒立続きに店を閉めている。7年前自分のレストランを閉める理由の一つに、レストランに来られるお客の数は30年前と今と変わらないが、店の数は10倍に増えている需要と供給のアンバランス。その上馬鹿な家賃や食材が日本より高いというおまけ付き。昔も今も変わらない安い労働力は、昔の質の半分しかない。昔の倍雇っても意味がない。

昨日は良い白菜を見つけた。半実700gで70ペソ(150円)。最近自分で漬物を作るのに凝っている。今朝は白菜の漬物とご飯。美味しかった。昨夜はキュウリのからし浸けと出汁たっぷりのカレーうどんと魚。最近は昼は除き外食は週2回程度。外食は高い、不味い、となった今、フィリピンでの食生活の末路がここに在ったとは、30年前は想像もしなかった。

レストランはこの家賃では遣るべきではない。食材その他が高くなったのだから、家賃は絶対に平米理想値500ペソまで、それ以上は赤字になる。何しろ客が少ないのだから。。。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000