私がタガログ語を憎む理由

私はフィリピンに32年いてタガログ語を憎んでいる。変な民族主義でタガログ語、しかし国語だと言っときながら32年間、まともなタガログ語の本が無い。本が無い、即ちタガログ語では教育は出来ない。しかし既に70%の国民が英語が喋れない。読めない。結局 若い世代は教育とは程遠い世界に居る事になる。日本は英語が喋れなくても教育は日本語で出来る。6割の人が1か月に必ず1冊以上の本を読んでいる。電車の中でも何処でも。。。

しかしフィリピン・ジプニーの中で本を読んでる人には出会わない。

これは馬鹿な国民を作る事がフィリピン政治の目的なのか?

良く何故、貴方はタガログ語を喋らないと聞かれると、私は空かさず答える。サマセットモームでも何でもよいが、短編集でも良いが、タガログ語で書かれた本を一冊、ここに持ってきてくれれば、私は明日から真剣にタガログ語を勉強する。とね。

誰もそれ以上聞かなくなる(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000