20年待ったチャンス到来

フィリピンのバブル崩壊。ビットコインの崩壊より怖い。中国の直接投資で出来た商業用ビルはコールセンター90%で埋められている。また住居用マンションはそのコールセンターで働く従業員の寮として使われている。何度も言うがAI出現でその将来は無い。外貨送金の中心である中東はオイル価格下落で、フィリピン人への給与支払額が激減している。その上国内は人口が増え、輸入が増加、しかし輸出は40%の下落。対外債務は膨らむが、それを「人口リッチ」とはどこのお方が言ったのか(笑) 今は中国が支えているので良いが、しかし中国も同じバブル問題をもっと大きく持っている。

実際都市部のマンションは業者価格12万ペソ平米、路線価6万5千ペソ、2次売買価格4万ペソという歪が最初からある中、銀行は6万ペソ平米の価値で担保にしている。しかしBGC内でも、その金利が払えずに、ビルが何棟もオーナーチェンジしている。またオーナーに対して賃貸保証型の建託型のビジネスもスタートしてるが、埋められない場所までの家賃を、貸せる場所を高くして埋めるので(ビットコインと一緒)、テナントは半年で倒産。既に空が蔓延している。

ああ私にとって良い状況に成って来た。私は空いたビルの空間を、高くは無いが埋めるソリューションを持っている。最終的には銀行管理になるから、不良債権化を恐れて、たとえ安くても銀行は貸したがり、全体のバランスから、ビル自体を買えとも言って来るだろう。

今日本人経営のビルは伊藤忠が持っているだけだが、以下の写真の幾つのビルが日本人所有になるか。私も2~3本を持てるか楽しみだ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000