フィリピンの日常交通問題

ああ1日20億円の損失と言われるマニラの交通渋滞、しかし誰も真剣に考えない。考えられない教育レベルの劣化。それを引き起こす様々な要因を理解する事も、何も考えていない。

要因1 アメリカ・ヨーロッパ。日本カーのダウンサイジングに成っているが、しかしアジアカーの大型化が進んでいる。 アジア人自己主張が大きい。家族が多い。デイーゼルエンジンが好き。と様々な理由は有るが、サイズや長さが大きな車が多いので信号で流れる台数が少ない。

要因2 道の舗装状態が最悪で減速走行を余儀なくさえられる。また無秩序なハンプが道を遮っている。

要因3 信号が自動化されておらず、管理もいい加減なので、無駄な停止期間が多すぎる。

要因4 スペインの名残の道の作り方なので、道路コーナーの角度が様々で、減速を余儀なくされる。碁盤の目には成っていない。

要因5 横断歩道の付け方が、コーナー一杯に作るので、横断歩道をわたる人が居ると、後者の車両の直進を妨げる。

要因6 立体道路ですら、平らに作れず、下の地表高さで上下するので、マニュアル車が90%ではそこで渋滞が起きると、さっと抜けられる車が無いので、更に渋滞が深刻化する。

要因7 高速道路ですら照明が無いのだけど、トンネル内の照明不足で、入口部分で減速を強いられるので、そこで渋滞が起きる。

要因8 標識が規律正しく表示されていないので、運転者が迷い、減速するので、渋滞になる。

要因9 不正な道路での物売りや物乞い者が多く、減速対象となる。

要因10バス・ジプニーの客を奪い取ろうとしての2重3重の駐車に依る幹線道路の渋滞

要因11高速料金所のETCの故障や遅いので、それによる交通渋滞。

等々上げ出したら切が無い。50年前の日本だ。自分で運転するが、もう余したくない今日この頃である。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000