果たせぬ夢で終わった介護施設

1985年神奈川県にケア8という、今で言う、ケアハウスの前進を無謀にも建て始めたが、日本バブル崩壊の前夜祭でもある、急激な金利低下に会い、信託に預けた金利5.5%をベースに入居者を募集すると考えていたいたが、当時は介護保険も無く、月額費用の一人45万円の費用は回収は不可能と考えて、建設途上で有ったが、辞めた経緯がある。そして人件費の安い海外へと目が移り、最終的には中国海南島の三亜とマニラを選考していたが、結局マニラに決定した。決定理由は入国者のビザ問題と土地不動産取得権の2つであった。フィリピンには当時から退職者ビザと言うものが存在し、75,000ドルか50,000ドルの銀行預け入れで永住ビザを発行していた。(現在は2万ドル)土地不動産に関しては中国は外国人には権利が全く無い。しかしフィリピンは6:4で4割りは外国人所有が認められる。これをベースに会社設立や株主問題、担保問題で解決できると判断した。

当時バブルで有ったマニラで10年に及ぶ土地ころがしの末に、マニラから約30分のこの地に介護施設を建て始めた。ご覧のように何もない原っぱで、高速道路からの道もまだ舗装もされていなかった。しかし今はこんなに多くの建物がと思うほど建って、歩いて国道に出ると、そこには大きなバスターイナルも出来て15分ごとにマニラと結ぶバスが出ている。

その後10年この1号ビルは完成し、第二号棟の建設も進めていたが、フィリピンの諸物価高騰、医療費高騰でこれ以上無理な経営(基本医療+食事+1対1の24時間介護人の付き添いで月12万円)が出来ないと判断し、2007年以降、新規募集停止、入居者の自然減を待つ体制に切り替えた。2018年1月。ドイツ語、日本語、その他香港や中東行き研修センターとしての、総合アカデミーセンターとして再出発を始めるしかなかった。30年以上の研究でもあったが、果たせぬ夢で終わった介護施設となった。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000