マニラ・ヨットクラブの夜は更けて

マニラ・ヨットクラブは歴史的に古く、アジアのヨットクラブの中では格式が高いクラブである。

昔は良く行ったが、今は昨年1回、友人のクルーザーに呼ばれたので行ったが、ここ7~8年はご無沙汰である。昔は夕日を見るのには格別で、デッキで飲むビールは最高で有った。しかし今は、マニラ湾のゴミの汚染で、悪臭も漂うようになってからは人気も少し失せたようだ。

フィリピンではこことスービック、セブのヨットクラブが有名である。

マニラヨットクラブには、国外から入港するヨットの為の入管と税関があり、私も一回インドネシアから来るヨットを向かいに出たことがある。クラブに宿泊設備もあるが、大型ヨットの場合は船内に宿泊設備があるので、利用者は向かいに出た側が使うことも多い。

とは言え、古く小さなクラブで、香港ヨットヨットクラブやシンガポールヨットクラブと比較すると何も言えない。それに香港ヨットクラブで舟遊びしようと思うと、船を出して20分ぐらいの小島に船をつけると、そこには海鮮レストランが並び、楽しませてくれるが、ここマニラには何も無い。

もし行くとしても、バタンガス・フォーチュンアイランド灯台島を抜けて、ダイビング・スポットのアニラオまで船がつける桟橋が無い。そして有名料理もないので、ただ海上に居るという楽しみ以外が無いのも、このヨットクラブの弱いとこでもある。

なんでもう少し工夫しないのか? マニラ観光にもう一つのスポットが出来るのでは? マニラ・ヨットクラブの夜は更けて

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • さばとら

    2018.08.17 07:35

    はじめまして。こんにちは。 マリーナの案内資料を取りに訪問すると週末はフロントにガードマンのみで怪訝な顔をされ、 平日に出直すと詳しい者が不在という・・・。メールで問い合わせてもなしのつぶて。 フィリピンあるあるでしょうけど、格式というかかなり閉鎖的なクラブのようですね。 マニラの海洋レジャーのポテンシャルは低くはないと思っていますが、まだまだ知識不足です。