マニラ ビジネスは死んでいる。

うちの新事務所の工事が遅れている。 何時も頼んでいる工務店が忙しく紹介を受けた工務店。じゃあ頼むぞと言ったが、遅い、大工は遅れる。。あまり酷いのでオーナーを呼びつけた。それでも30分遅れで来た。事情を聞いて納得。何とノバリチェスに事務所があった。東京で言うなら 足立区に事務所があり千代田区に仕事に来るようなもので、日本ならそんな言い訳は通用しないが、ここでは理解しないといけない。
彼らは朝4時半起きで、準備して 6時前に出ているが9時過ぎにしか着かない。
何とか足立区から千代田区迄行くのに、大阪神戸に行く3時間以上の時間が掛かるこのマニラの現実。帰るにも同じ時間が掛かる。何の仕事ですら仕事が出来る状態ではない。
このBGCボニファシオからマカテイ 言い直せば千代田区から港区赤坂まで3〜4kmで1時間が掛かる。又千代田区から中央区築地までのようなオルチィガスまでが1時間以上。電車と言うものがないのだから、自家用車であろうがバスやタクシーでも同じ道を使うのだから同じ時間である。
こんな中で、あちこちに事務所や営業所を持ったら仕事には成らない、全て移動時間に成ってしまう。それで私はBGCボニファシオに全てを集中する考えを持ち、ここで成功したものを、それぞれの地域の人と協力する方式に切り替え、今BGCボニファシオで3つ目の事務所を作っている。来月は新たなものを考え、2019年末迄に10箇所作りたいと思っている。
死んだ街で行うビジネス方法は此れしか無い。(涙)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000