3つ目事務所の最初のイベント

前にも話したが、家賃の高いマニラで如何に飲食店を成功させるか?その為には造作やキッチンにお金を掛けない事。営業人員を最小限にする事、と言う目的にあった飲食店は小料理屋であると結論付けした。しかし小料理屋の女将は、人と話せる。フィリピンだから英語が喋れる。愛想が良い。料理が上手い。そして日本人でなければ同時多発的な処理能力が無いので、日本人というかなり厳しい人選が必要だが、ここに一人候補者が居た。外資系銀行に勤めるお若いお嬢様。英語堪能、料理が出来る。愛想が良い。そしてこの小料理屋構想に興味を持って貰ったので、早速、小料理屋に出資しても良いと言う方を集めて、彼女の手料理で最初の打ち合わせをした。小料理屋オープン実験室。

この彼女は大したものだ。この料理をさっと作れる。家庭用道具で作る料理、キッチンに金は掛からない。ただ器やその他にはちょっと凝るが、それだけだ。

この実験室、道場の名は少庵と名付けた。私が最初にマカチィ通りで1992年に開き、家賃交渉で追い出しに会い、その後マンダリンオリエンタル内で日本食、40対60で4割ホテル側に渡していたが、マネージャーが変わり6割ホテルに渡せとなり、支払いも悪かったので1998年に辞めた。その後1999年リトル東京を設立、当初二年間、甘味処少庵として遣って、その名を閉じた経緯。

私自身は既に自分で商売する気は毛頭ない。飲食は現在やっている学生寮で1日600食、拡大するから1200食を早く軌道に乗せ、2020年には売却して早く自由になりたい。(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000