BGCボニファシオのバス

私の住むBGCボニファシオは外周道の一部を除き、ジプニー乗り入れ禁止、トライシクル、ペチィキャブは勿論入って来られない。故に排ガス規制が整っているので、マカチィや他の市と比べれば空気は良い。それ故に近くまでジプニーその他で来た人は、3路線あるこのBGCバスに乗り換えなくてはならない。バスはベンツ製で排ガスが少ないものを使っている。BGC内3路線があり、マカチィステーションと環状5号線(C5)を結び、ハイストリートのサイドには多くのバス停がある。

運賃は現金では払えずBEEPというNFCカードを買う必要性があるが、それにより多くの乗り降りが早く出来るようになった。しかしビルが多くなり従業員が増えてくると、バス停には乗り切れない乗客が溢れる。特にマカチィステーション行きは途中の混雑で、空いていれば5分が、最高1時間かかるので、運行時間は無いと言って良いが、最近バスが何時到着予定と言う表示板をバス停に付けたが、1時間遅れでは、気休めにしかならない。

しかしフィリピン、タクシーでもそうだが管理が悪い。1年も経っていないバスが20年前のバスかと思う状況。多分エンジンその他も点検していないと思うので、折角の低排気ガスも意味が無くなっている様にマフラーの付近が黒くなっている。フィリピンの警察車両、行政使用の車両、本当に掃除も点検もしてなくてボコボコの車だらけ。自分の車ならそこまで遣るかと言うほど綺麗にしているくせに、他人事と思うと管理もしない、洗車もしない、点検もしない。この国民性。治らないね。。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000