ホステスはラーメン。マニラは?

東京新宿と池袋はラーメン戦争の激戦区との事、全国から俺はと思うラーメン屋が名乗りを上げ、また去っていく場所のようだ。私は年齢柄、ラーメン世代に育たなかったので、札幌行っても、博多行ってもラーメンを食べようと言う気は余ない。

しかし、ラーメン激戦区は同じく夜の世界の激戦区でもあり、スナックで女性が作る。ちょっと色気のあるラーメン・スナックなども現れているようだ。

客層もそうしたホステスさん(すみません古い表現で)が多く、ラーメン屋は彼女たちに支えられていると言う一面もある。ホステスの中には月給の札束が縦に立つ人もいるし、それなりの収入があるので、お手頃ラーメンは人気となる。

しかしマニラのホステスは、ラーメン屋の客には成らないのが困ったもんだ。日系カラオケは遅刻せず出勤すれば、300ペソ600円なりの最低保証給が貰え、その上に同伴とか指名とかが、加算されるが、日系で無いホステスは殆ど最低保証給は無く、食事だけ、客がくれたドリンク代と客の夜のお相手に出るのが商売。しかしこうしたホステスたちは家が貧しく、ちょっと稼いだお金は全て家庭に吸い込まれて、貯蓄をする暇は絶対にない。故に手元に100ペソ、200円があれば大したものである。

この現実では、マニラの夜の繁華街にラーメン屋は成り立たない。夜の街マビニやブルゴス、ウエスト通りにラーメン屋を出せば、日本ならホステス客が絶対に来る、そして同伴の客も含めて儲かるが、ここでは日本の法則は通用しない。現にブルゴスに有った新宿ラーメンは、ラーメン屋が少ない時には繁盛店だったし、あれだけ若い女性が客引きしている中で、その歴史を昨年閉じた。

フィリピンのホステスは貧困から抜けだす事はただ一つ、玉の腰に乗るしか道が無い。日本のように自分で稼いで、その金で自分の店を持つ。そんなフィリピン女性は32年間見たことが無い。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000