小料理屋オープン準備室のお客様 vol 2

先日オープンしたBGCで3つ目のなんでもやっちゃう事務所で、第二回目の有吉さんの小料理屋オープン準備室の昨日のお客様は私のお客様でもあるドイツで最大級の介護施設の社長ご子息。有吉さんは現在BGCにあるドイツ銀行にお勤めで有るのでちょうど良かった。

第一回目は有吉さんの小料理屋オープンに際して、出資や投資をされたい方をお招きしたが今回は外国人相手にどうお話をして行くか、どうゆう料理が良いかも含めた実践体験。

元々私の小料理屋の企画では、日本人客相手を目的とせずに、フィリピンの名だたる名士が対象で、海外からの来客が来た時などに気楽で、お財布にも優しく、メニューに拘らず融通がきくお店を目指している。勿論日本からのお客もあるであろう。

こうした点で食材の買い出しと言っても、所詮量を考えるのではなく、簡単に手っ取り早く料理出来るが、しかし感動させる内容。ドラマ深夜食堂のようにメニューは一品だけ、客が頼めば、作れるものなら作るよというスタイルをどう作るか? メニューに拘り、そのメニューを忠実に作る、そして多店化という、今までの考え方に無い領域を目指す事が今回の目的だと考えている

さてどうなる事か楽しみだ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000