最近のフィリピンのマンションは買うもんじゃないね。

10年前からマンション投資は辞めている。それでも、売りそこねで2軒が残っているが、5年前からは借りた方が良いと判断して絶対に買わない。価格の暴落は当たり前だが、しかし最近のマンションは昔と違って作りが酷い。昔の方が重厚さや設備も考え抜かれていた。5年前からBGCに居るが、4年間いたマンションはまあ借りてるから良いが、買ってたら悲劇だ。安いから借りてやるの世界だ。まあ4年間、オーナーは値上げもせず、ただ安く(38平米完全家具電化製品付きで2万2千ペソ(4万5千円)貸してくれたので感謝なのだが。。こうした状況が解らない人は同じマンションを8万円で借りるか、高値で買う(笑)

しかし写真のように、素材悪、設計悪の最低マンション。ドアはきしんで外から中の光が見える。床はベニヤの上にタイル、しかし木が腐ると歩くだけでミシミシ音がする。巾木もみんな朽ち落ちる。洗面所にコンセントが無い。洗濯場に洗濯機おいても、蛇口が無い、下水口が無い、コンセントが無い。駐車場は地下一階で大雨が降ると水浸し。ダストシュートは市から改善命令を受けて使えないが、4年たっても改善無しで使えない。これはビル全体をいじる大工事。一階に多くのレストランがありカッコよいが、その為ゴキブリの大量発生でも知らん顔。言えばもっとある。俺のもんじゃないから良いのだが。。。

しかし知ってますかもっと恐ろしい現実を。デベロッパーの建設コストは売値のたった28%で土地代が10%未満、合わせて38%のコストで建てている事を。。。知ってますか?

これは49%販売すれば、全ての原価が取れて後は関連企業で賃貸に回す。そうすると住民集会でも、またビル崩壊時でも、メジャーを確保する事で、買った人には一言も言わせない。なんの権利も与えない。そういう筋書きがあることをご存知か? 昔はそんな卑劣な考えは無かったが、約10年前から変わって来た。10年前あるマンションの住人集会に出席して、発言は聞くが、決議は出来ない現実を見てしまったからで、特に外国人に販売を多くしたいのは、こうした時に何も言わせないためである。

今度越してきたアヤラの物件、前はデベロッパーはメガワールドだったが、アヤラの物件洗濯場にも蛇口その他は付いているし、まあ満足できる。しかし写真右のようにシャワーの排水が出来ず、すぐ詰まる。入居2週間で2度メンテを呼ぶ。同じ28%建設コスト原理は変わらないので、天井厚が余りにも薄く2階の電話音や歩く音が聞こえる、廊下はビニールタイルで凸凹、外観は昭和初期の団地デザイン、駐車場は風通しが良く、車を毎日洗車しなくてはいけないほどの砂ぼこり。台風が来たらどうなるのか(笑)

今度は前の倍広いので家賃は倍だが、借りてて良かった。買った人は2千5百万円以上で買ったようだが、3分の1の価格で買ってくれと言われても、嫌だね。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000