もう外食は辞めよう。

マニラ、我が家の食卓メニュー。昨夜はウナギ丼、お重もあるんで、使おうかと思ったが、そんなに量は食べないので小鉢にした。このウナギ日本からの冷凍かば焼き済ウナギで近くのスーパーで沢山売っている。

イヤー肉厚で美味しいウナギだった。これ原価でこの切り身計算で120ペソ(250円)。外食で食べたら1000ペソ(2千円)はするだろう。この計算は単純ではないが、この場合外食と自分が作るでは、約7倍の差がある。ウナギは別として、大体外食との差は約5倍は違うと思う。

私がここ1か月で使う食材費が約2万5千ペソ(5万円)その内アルコール代が1万ペソ(2万円)、この計算で行くと食卓メニューに使う金額は1日1000円。しかしこの食材費には月平均20名位のお客もに出している食材アルコール代が含まれている。もしこの20名のお客様を外食接待をした場合は一人2000円は掛かるだろうから、20名で4万円を使う事になる。即ち、現在お客様接待は自宅で行っているので、外食は殆どないので、この4万円はない事になる。

それに今までは事務所に行っていたので、食べたくもないものを毎日食べていたが、これだって1日200ペソ使っても、5千ペソ(1万円)は月額必要だ。

住まい兼事務所が広くなって、台所も充実し、自炊することで、上記のように節約が出来て2倍の家賃(9万円)に成っても、充分に元が取れた。全てが広くなって完全自動洗濯機も入れたので、週一回来てもらってる掃除洗濯のおばさんも要らなくなった。あとはロボット掃除機を買うだけだ(笑)

何でも高いフィリピンで唯一安いのが人だが、この人がストレスになる。フィリピンに居て人を使わない快適さ。。。皮肉だね!

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000