イースターの男の手料理

イースターで暇なはずが、日本人はイースターには関係ないので、このなんでもオフィス少庵に訪問者が多い。(汗)フィリピンではあまり生活の中にイースター用の食事は無いが、西洋やフィリピン上流家庭ではイースターエッグやイースターバニー、そしてイースターローストラムという風習がある。

私も何か作っってみようと、ラムを買わずに、牛すじ肉を買って来た。骨もあるが1.5kgで800円と安い。これをコトコトと3時間、水だけで煮込み軟らかくなって来たら、ぶつ切り玉ねぎを入れて30分煮込み、水を足してジャガイモ、ニンジンを入れて更に20分。程よくなった処にデミグラソースを入れて、味を調えて、牛すじ肉シチューの出来上がり。自分で言うのもなんだが、最高の出来栄え。肉も軟らかくて食感が良い。牛すじ肉は日本の牛すじの煮込み、牛すじうどんや牛すじカレーにも繋がる面白い食材、男の手料理に新たな食材が加わった。(笑)

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000