BGC明日に迫った勉強会の買い出し

満員御礼となった明日の勉強会の買い出し、BGC小料理屋オープン準備室の有吉さんが、小野さんの講演の為の食事を準備にかかるので食材を調達。実験室なので会費の500ペソ(1000円)は全て食材と飲み物に回すので、これがレストランで行ったら、お一人飲み物込みで2000ペソ(4000円)コースとなる。勿論こうした若者が集まる機会なのだから、場所代(家賃)、電気、水道その他は、仕方ない私持ち。

しかしマニラの物価は高い。安いと思われる日本食材店でちょっと調味料やその他を買えば、2000ペソ(4000円)まあ全部使い果たすわけでは無いが、しかし足代もかかっている。写真は近くの安売り会員制スーパーでワイン4本とウイスキー1本も含まれるが合計で3500ペソ(7000円)を購入、合わせて11000円の原価。何度も言うが全部使い果たすわけでは無いが、しかし足代もかかっている。しかし原価会費は1000円で8名で8000円を徴収するが、残った在庫をどう見るかだが、やはりマニラは物価が高い。今回調理する有吉さんにとってBGCで小料理屋を出す準備室なのでこうした試みは勉強に成る。やはり原材料費高は幾ら小料理屋だと言って、小さい店で家賃を安く抑えても、幾ら、家庭調理機で済むと言って初期投資を安く抑えても、女将の一人芝居で人件費を安く抑えても、利益を出すにはフィリピン・ビジネスは難しい事を勉強する。

魚や野菜は在庫で持って4日すれば腐ってしまう。客数予想と在庫数とメニューの関係は難しい。その上飲食業は日銭商売。今日の売り上げが悪ければ、明日に挽回は出来ない。結局月次で売上の悪い日のマイナスはそのまま残るし、不良在庫の欠損もでる。そこで小料理屋のお任せメニューという考えに行きつくが、それで何処までお客を引っ張れるか? 何度も言うが私は飲食業から7年前に足を洗った人間だが、これからの若い人がこの日本とは全く違ったフィリピンの2%の人はお金を持ち、98%の人はレストランにお金が無く行かれない という現状の中、ビルが建ちレストランが20年前の30倍以上に膨れ上がった。アンバランスの需要と供給の中で生きられるのか? 勉強、勉強で有る。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000