フィリピンでは珍しい20年前の軽天材ハウス

20年前私は自分のメインビルの周りに22軒の家を建てたが、その内4軒は軽天材を使ってみた。

勿論50階のビルから一般の1階建てまでフィリピンでは鉄筋セメントでブロック壁、俗にいうラーメン構造だが、20年前ミンダナオスチィールで売り出した軽天材、日本では内装材として広く使われるが、フィリピンでは内装にもめったに使わない。作る人に経験が無いのだが、一階屋や2階屋シリーズで作ってみた1つ2階屋(写真)。

軽天の最大のメリットは屋根を早くかけられる、工期が短いという点と、断熱材を壁に入れるので空調効果が高い事だが、勿論軽天では2階屋が限界である。しかしなぜ軽天を考えたかと言うと、いずれ来る大地震では鉄筋コンクリート、ブロックでは崩れて来た場合のケガや死亡率も高くなるが、軽天では壁が崩れず、それによって屋根も倒壊しない。即ち地震でも安全であると考えたからだ。

最もフィリピン外装材で良いものが無いので、建物としては見た目貧弱だが、効能は大きい。

今ドイツ行き生徒が増えて、ドイツ語のドイツからの先生も増えた。しかしドイツ語の先生はドイツから犬を連れてきたリ、子供が居たりでこの一軒家の要求が大きい。現在三軒を利用している。この二階屋はぼろぼろになって現地の人に貸していたが、上記の理由でドイツからの先生の安全も考えて、現地の人には他の家に移ってもらい改築していた。これで新な学生の入学式のある来週には間に合った。本体ビルも教室や寮の改装も終わり、新たな生徒50名の受け入れ体制と今まで改装したものをあわせて180名寮生9教室体制が出来た。。安堵 さあ次は第二ビルの改装に入る。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000