免許は取ったが、遣らなかったフィリピン・ビジネス

私は昔はビジネスに対する執念は異常だったかもしれない。計画は立てたが遣らなかった事も幾つかある。その中に旅行代理店の仕事がある。旅行代理店IATAの免許を取り、アバカス(航空会社のチケット発券端末)の勉強までしたが、旅行業は遣らなかった。かなり完成度の高いWEBも作成していたが遣らなかった。

昔は各航空会社の発券をすると10ドルのバックがあった。しかし今は各航空会社が独自のWEBからの独自予約発券をしている。ホテルもその傾向にあり、価格も全体的に下がったので、旅行客は増えたが、旅行代理店飛ばしが増えて、日本の大手旅行代理店は赤字へと転落して行った。

旅行業にはインバウンド、アウトバンド、送り出しと受け入れがある。しかしフィリピンでは街場の楽しみが余り無く、その上に危険という文字が頭にある。セブは良いと言うが、私に言わせれば退屈で有るし、セブと限らずポイントからポイントまでが離れているし、交通渋滞もある。元に戻って売春ツアーもあるが、最近の若い奴は情もなさけもなく、あれで良く楽しめるなと思うし、オカマにハマれば酷い目にあう。フィリピン・インバウンドは厄介な事、即ち費用効果が薄い。ではアウトバウンドはと言えば、日本に送り出すのは面白いと思ったが、一般のと言っても98%は金が無いし、2%の中で考えると、日本は便利rで安全なので、2回目からは自分でサッサと行ける。何か補助してお金が入る事は難しい

これも随分研究したが、結局遣らなかった。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000