手のひら返してアメリカ人ビジネスマンの北朝鮮参拝

私も行こうかな? フィリピン参拝は今では意味がない(笑)

トランプ大統領も含めてアメリカのビジネスマンは東洋の未開発地、北朝鮮が開放政策に変わると解った瞬間にミサイル打ち込もうと思った事はすっかり忘れて、未開の地のビジネスチャンス談議に燃えているようだ。トランプタワーがピョンヤンにも建つのか。しかし私もそう思う。日本をフィリピン後の投資先と考えていたが、その前にピョッミャン参拝して来るか? (笑) 今まで不動産価格とか、物価指数なんて無かった国。物、人、金の価値観が無かった国。それにしては規律正しいのはフィリピンとは大違い。学力への意欲も、フィリピンとは大違い。

第二のシンガポールや香港になる可能性も無いわけでは無い。投資に対する見返りが、32年前のフィリピン同様にありそうだ。もう少し様子見は必要だが、どっかでコネ作ってピョンヤンに行こう。

私はマルコス政権崩壊の翌年にマニラに来た。そして日本のバブル同様に、フィリピンのバブルを楽しんだ。 開放政策発表後1年以内にはピョンヤンに何か作りたいな。こんなお爺ちゃんを誰か支援してくれる人いるかしら。BGCに10カ所拠点、早く済ましてその後日本とピョンヤンを考えよう。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000