フィリピン日本人ビジネス協同組合の新たな方向性

昨日フィリピン、セキュリチィー銀行と基本合意に至った。それはフィリピン日本人ビジネス協同組合の日本に居る組合員のお金をその組合員に代わって、フィリピン国内の支払いの代行作業を行う事とした。勿論各組合員との個別契約に伴い、セキュリチィー銀行が組合の傘下を前提に、一般的にはなかなか銀行口座が持てないフィリピン人にもATMカードを発行する。逆にフィリピンでなかなか口座が作れない日本人にもATMカードを発行する事で合意した。勿論様々な条件は有るのだが、例えば、支店を出したが、フィリピン国内で業務を行う人が居ない場合、日本に送ったフィリピン人社員のフィリピン側での給与支払いなどである。今はATMカードが発行されれば、日本のATMでも日本円が下せる、その家族にもATMを発行するので、インターネットバンキングで例え日本に居ても簡単に家族の口座に思った額が瞬時に移せるし、同じ銀行なら手数料も無い。他の送金と違い手間もない。

またフィリピン国内に不動産を買ったが、その不動産の管理費その他税金等の資金移動の管理が出来ない方の為に代行業務を行う。その他様々な資金移動に対して、代行管理御業務を行う。

まだまだ決めなくてはならない事が多くあるが、フィリピン日本人ビジネス協同組合の中にそうした管理センターを設置して、当初年間2億円の資金移動代行業務をスタートする予定。将来は年間20億円規模に出来たら素晴らしい。フィリピン日本人ビジネス協同組合は非営利団体なので税務署に対する報告も資金が多きくなっても預り金なので、これなら簡単に報告できるし、依頼者は全て組合員に成るので、資金の透明性も自分で確認できる。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000