モジュール建設の面白さ

昨日のクラークの記事につながるが、コンテナを使った建物は20年前から研究している。幾何学的なフォームは、建築ではなく、その内容に委ねられる。その人のアイデア、コンセプトが、自然に面白い形態を作り上げる。それを利用する人を限りなく考えて、用を達する。その合理性、汎用性、使いやすさが、自然と調和された形を築き上げる。

面白い。早速今まで考えてきたアイデアを使い、今回にマッチしたデザインを作り上げたい。1000名の研修生宿舎兼学校で25名の先生宿舎、40の教室。1000名の食堂兼図書室、キッチン。。300名の保育児童の乳母との生活。食事、英語の勉強ルーム、事務や英語教師宿舎、キッチンその他。 ワクワクしてくる。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000