これだけ見ると俺の人生なんだのか?

今から45年前。アメリカの雑誌を見ていて目に付いたパーソナル。コンピュータという言葉。当時学生時代に起業していて儲けていたので、早速取り寄せて買ったコモドール社製のパーソナル・コンピュータ、しかし性能は今の電卓程度だったが、当時のお金で30万円近かった。25歳の時に2万点近い在庫管理に買ったNECのオフィスコンピュータ、当時2000万円近くした。性能は今のPCにも劣るが、これで飛躍的に便利になった。その後はどうしてかは忘れたが当時のナショナル・コンピュータを幾つか買い、今で言うネットワークを組みたく、武蔵野通研のキャプテンシステム(図画図形通信システム)にも参画した。今だったら笑い話だ。

1986年にフィリピンに来た時に幾つかのPCを持ち込んだが、その当時はPCがまだ50万円前後していた。まあそれからいくつのPCを買ってきた事か。しかし今はメインで使うCPUは5万円程度のものを使うが後は数が増えても、後は1万円から2万円ののものしか使わない。それでも簡単に昔なら遣っていたような1万個から2万個の在庫管理はゆうに出来る。その上相手先に納品書、領収書その他も全て簡単に管理できるクラウド型システムがあり、それも無料のものから月々3000円位の間で利用できる。私が今までコンピュータ本体に使って来たあの4~5千万円の金は何だったのだろうか、しかしフィリピンのコンピュータ学校はまだPCの上位スペックを学生に買えと言う馬鹿な教師がいる。お前がサーバー遣るなら解るが、コンピュータ学校と言ってワードやエクセルの使い方教えるのにPCの上位スペックが要るのか(笑) クラウド型に関してはコンピュータ学校出てきた奴が知らない。困ったもんだ。進化を追いかけると言う者はこの国にはいない。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000