30年前のマニラは天国、今は地獄

昨夜は2名の新人スタッフの入社をお祝いして、ストラムスのステージ前を占領して歓迎会。最初はおとなしく聞いていたが、盛りあがってくると、前からいる社員がステージに飛び乗って踊ってる。

私はサクソフォーンやトランペットが混じる演奏が好きだ。しかし、今はそうしたバンドが入る店はここストラムスしか無くなった。ハードロックカフェも潰れ、他も消え失せた。今エルミタにあるカーボーイグリルは、そうした演奏家が演奏する場所を失い溢れて来たころの15年前にラグーナから発症したが、その後勢いついて多店化したが、殆どが今は潰れた。

32年前私が来た頃は、町に音楽が溢れていた。そして今と違い、全てが高品質で安かった。当時の私の一日の夕方、まだグリーンベルト1しかなく、今でもある教会の周りには多くのレストランがあったが、皆優雅でサマセットモームの小説の世界だった。好きだった英国パブやドイツ料理店、それとアメリカ南部の味ニューオーリンズ、ここでは食事しながらジャズ演奏が楽しめた。そこで食事をして8時から9時にはインターコンチホテルかマンダリンホテルのロビー横バーで昨夜のストラムス同様のステージを楽しみ、その後カラオケバー、しかし当時のカラオケバーはピアノバーで歌手もいた。そして12時を回ったころ、ペニンシュラホテル横のRJロックンロール、RJはラモン ハシントの略でお父さんは駐日大使も遣り、六本木に当時土地もあり、大きな製鉄所のオーナーでもあった。しかしその後兄弟姉妹はチリジリになり、彼だけが今でもケーブルテレビ局やラジオ放送局を持っている。一昨年彼のラジオ放送局で1時間トークに招かれてやった。(笑) 今はデュシットホテル、昔の日航マニラガーデン地下で小さくやっている。話は戻って当時のRJロックンロールは12時過ぎると有名人が集まり熱狂する場所で有ったので、大変楽しめた。それに安かった。音楽を聴いての優雅な食事が1000円、ホテルバーでのグラスワインが一杯200円、ビールは100円、ピアノバーが500円、女の子ドリンクが100円、RJの入場料及びドリンクが500円。こんなに一晩楽しんで5千円は使えない。たまにロハスブルーバードに遠征し、当時道沿いに多くあったキャバレー、昔の日本のミカド同様に大箱で女の子は何百人といる。しかしその大ステージで広がるショーはラスベガスのショーを彷彿していた。しかしそこで飲んで楽しんで2000円。

昔はマニラ良い所、一度はおいでと言えたが、今は不味い、高い、おもてなしが全くないマニラには来るなと言い切れる。。。昔を知らない人には良いのかもしれないが。。。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000