アップルとウインドウズそしてアンドロイドの生い立ち、考え方。

ウインドウズ、アップル、そしてアンドロイドというOSの考え方について考察していきたい。1969年にAT&Tによって開発されたコンピューターを動かす最初フリー(無料)のOSオペレションシステムであるUnixからダーウィンへと発達し、その後にMAC OSを確立したアップルがあり、アップルはその斬新な外側デザインとブランド力で今を築き上げた。

マイクロソフトはその後独自のOS開発を進めた。途中Unixの影響を受けたが、独自路線を崩さずMS DOS WINDOWSを確立して行った。 またUnixのもう一つの発展形で、確立したLinax、これをベースに伸びた、一時を風靡したNOKIAがあるが、同時にアンドロイドOSが生まれてくる。

アップルは華麗なデザインの外側も売り、そこに独自のOSやソフトを乗せる。その上独自の販売場所で売るので、世界で一番高い製品となる。まあそこが日本人好みとなるのかも知れない。ウインドウズは機器は関係なくOSとソフトを売る事に専念している。アンドロイドは無料ソフトであるので、動けば良いとする安い機器でも運用可能であり、高度な技術を駆使した高い製品でも、OS ソフト料金を払わなくて済むので、アップルと比べれば安くて高性能が作り上げられている。こうした中で将来を考えた場合、だれが生き延び誰が敗者になるかは、面白いと思う。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000