うちの研修施設を拡大する事に。。。

現在ドイツ向けや日本向けの語学や技能の研修センターとして、有料老人ホームから転換しているが、今回私の医療介護側のパートナーであるカルロス医師の死去に伴い、昨日第一回目の会議をカブヤオでうちの社員とカルロス医師側の社員で行った。うち側は施設の保有やホテルのような管理運営は出来るが、医療介護という人の生き死に係わる事は出来ないので、現状まだ居られる方々の今後の対応についての会議であるが、看護婦を含むカルロス医師の社員が代表になるか、またはだれかドクターに代表に成って貰い事業を続けるなら、第二ビルの方に10部屋+医療リハビリスペースを用意する。しかしそうで無かった場合は10月一杯で契約を解除して7名の方に出て行って貰う事で一応合意してもらった。でも本当は誰かに続けて欲しいのだが。誰かやってくれないかと思っている。これは本音でそう思っている。しかしこれにより第一ビルに10室近い空が出るので、研修施設として拡大できる。

私もこの場所以外にも拡大しようと調査しているが、私の所は1平米あたり150ペソ単価平均で貸しているが、スービック・クラークその他の場所では最低でも1平米あたり単価300ペソ以下の場所はない事は解っている、即ちうちの単価の倍以上に最低でもなる事は解っている。フィリピン人なら、単価を上げようと思うだろうが私にはそれは出来ない。

結局うちの施設はフィリピンで設備が整った上に最高に安い場所となった。皮肉なもんだ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000