今朝の朝食。しかし昔は。。。

昔のフィリピンはどんな家に行っても、テーブルにはフルーツがあり、庶民の食堂トロトロでも生フルーツジュースが普通であったが、今は高根の花となってしまい。フルーツは庶民の食べ物ではなくなってしまったフィリピン。何かフィリピンと言えばフルーツの国のようなイメージだが、それはもうない。

私が来た32年前の頃は100ペソ(220円、当時換算では350円)でパナップやその他が車のトランクに入りきれない程買えたが、今ではパイナップル一個が100ペソでは買えない。フルーツのみならず野菜も同じで、真面なキャベツ一個が100ペソで買えない。

しかし庶民の日給は500ペソで上っていない。32年前庶民の日給は200ペソ程度だったが、それでも庶民の食卓にはフルーツが溢れていた。日本並みの生活をしようと思えば、東京以上に高いフィリピン。その上交通インフラが無いだけ、更に高くなる。昔東京に居た頃は家の敷居をまたいで、またまたぎ返すまでに最低1万円は掛かる、しかしマニラ生活は1000円でまたぎ返せる。と豪語していたが、今は出るとお金が掛かるので、なるべく出ない生活になるとは。。。それで家で食べても、日本より高い食材。 ああ~あ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000