越巾着と思われたペンス副大統領。実は政策の立役者。

いやこれはノーカット版なので長いが、米国の対中国共産党への方針を的確に表している。

アメリカも中国共産党が使っている、困ったときの「反日」では無いが、これだけ名指しで中国共産党を攻撃するのは、面白い。しかし実際のアメリカの脅威でもあることは事実であり、中国共産党の世界戦略を閉ざす事は、アメリカが中国共産党の脅威を理解する事であり、それを彼は理路整然とこれだけ演説が出来るとう事は、彼がトランプ大統領の越巾着では無く、越巾着と思わせ人の真実をあぶりだす芝居の出来る政策の立役者であったことは、明白である。素晴らしい。

今回お安倍首相の中国訪問は、多分、中国共産党の内部では既に崩壊後の逃げ出し先も幹部の頭にあるであろう。日本は安全安心では世界一。家族の逃避場所、お金の逃避場所としては、今から安倍首相にゴマをする事は、日本に近づけば、今までなら失脚という問題は、この現実の前に、幹部全員が考えているのではなかろうか。(笑)

通貨スワップは、その金を逃がす方策ではなかろうか? もし崩壊すれば、日系企業もその混乱をまともに受ける。その待避か? 中国共産党が崩壊すれば、中国が貸し出した金で困る後発国は、貸出者不在で棚上げとなり、世界混乱は抑えられる。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000