札幌を舞台にしたフィリピン映画Kita kita

オムニバス調のこの映画は2017年Kita kitaの英語の意味はI see you という意味で、kitaにsee、また、i と youの意味があるようですが。
「私にあなたが見える」というのが直訳ですが、日本台にしたら
「君が見えたとき-kita kita-」と言う人も言えます。
私は学生のころ、舞台役者や脚本家に憧れた時期があり、新宿厚生年金ホールで4回ほど舞台に立った事もあるし、仕事で札幌には100回以上も行きましたが、実は札幌が嫌いで、40分先の小樽に夜は泊まって夜の小樽を満喫していました、昔ですが、その場景も有り、最初はくだらないフィリピン人の妄想映画と思ったのですが、妄想、シェイクスピアの真夏の夜の夢のように描かれている事に気付き、脚本家の芸術性を感じた映画でした。ただ思う事は、フィリピン国内ではこの妄想が描けない、という悲しい現実がある事も噛み締められた作品でした。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000