フィンランドの使節が遣って来た。また日本はババを掴まされる。

ヘルシンキで有名なフィンランドの使節がうちに遣って来た。うちでは前から言っているが今、ドイツ向けの介護人、昨年暮れから既に300名が巣立っている。これは全て正看護婦6年の看護婦学校卒業後2年以上実戦経験のある者のみを抽出していて、フィリピン国内のみならず、既にシンガポールで働く看護婦までも引っ張り返している。まあこれは日本の最低賃金の5割高いEUではの事であるが、来年からはそこにフィンランド、そしてスエーデンが加わる。

世界インデックス(写真下)では、高齢者を若者世代で支えられないワースト1は日本で、それに続くドイツ、イタリア、スウェーデン、ギリシャ、フィンランド、ポルトガル、フランス。。と先進国が並ぶが、フィンランドは人口が500万人と少なく、とても若者を年寄り介護に回せない実情。スウェーデンに先駆けて来ている。

しかし馬鹿な日本の政治屋。医師会や看護協会の顔色を伺い、3年前に国会で介護人を入れるとしておきながら、また来年に引き延ばして、何の案も出さない。出せない。本当に馬鹿。こんな馬鹿とは付き合っていられないと、私は先に此方のEU側になびいたが、日本しか頼れな業者さんにはお気の毒な話だ。

それに時間が掛かれば掛かるほど、素晴らしい介護人はEUに持って行かれ、また苦労するババだけを掴む日本。しかし介護、医療の世界では、やはり高等教育を受けて英語の解る、フィリピン人か、イギリス領であったインド、アフリカ諸国が良く、英語が解らないアジア人では、介護、医療の基本から教えなくては使えない。 優秀なフィリピン人は日毎に持っていかれる。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000