AI自動運転アビエーション産業の発展「心神の夢想2020」その8

私の「心神の夢想2020」を考え始め、まだ誰も協力者も居ない、とち勘もない新天地に論理的な夢を作る。これが私の生き方。1985年からの経緯は此方からhttps://www.munetomo.club/pages/1525396/shinshinnomuso 今回はその8です。

何しろ日本は規制規制でアビエーション(飛行)に関する産業発展が遅れている。世界では2000万円以下200万円までの自家用飛行機が多く売られている。しかし免許を取るのが大変だが、AI自動運転との関連から、簡単に取れるオートマ免許が出て来ても良いかと思う。車は基本的には道しか走れない。道を作る必要がある。鉄道は線路がいる。線路を引く必要がある。飛行機は飛行場が必要で、飛行場の管理には多大な費用が必要だが、今や3cmの誤差で場所は解り、高度も簡単に割り出せる。周囲のセンサーもある。

今は大手鉄道会社が東京ー大阪の到着時間を競っている。リニアには多大なお金が必要だが、東京ー大阪を1時間で結ぶことが出来て、東京ー大阪の戦いは完全に航空会社の負けとなる。車は全国高速道路網があり、国に荷物の90%を輸送がトラックによって賄われ、最近では夜行高速バスが、日帰りなら別だが一泊するなら、ホテル代も考えれば安い事から利用客が増えている。今は二人運転手乗車だが、将来はAI自動運転で運転も要らなくなるだろう。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000