22世紀の富国論でもある「心神の夢想2020」その14

私の「心神の夢想2020」を考え始め、まだ誰も協力者も居ない、土地勘もない新天地に論理的な夢を作る。これが私の生き方。1985年からの経緯は此方からhttps://www.munetomo.club/pages/1525396/shinshinnomuso 今回はその13です。

「官」は「民」から税を徴収し、「民」の生活を良くする。まあ世界190カ国の中でこんな考えが言える国は20か国も無いだろう。しかし私の考えでは、「官」=「民」であり「民」が個人では出来ない事を、「官」が代行する、例えば国防だが、先進国と後進国の貧富の差が広がる中、先進国は昔のように奴隷が遣る仕事はロボットに変わり、お手伝いはAIに変わり、先進国との収入格差がさらに広がるので、国境地帯に於ける防衛は大きくなるであろう。しかし一般で今まで行ってきた「官」の仕事はAIやロボットにより縮小し、立派な市役所を多く建てたが、大きな市役所に職員が10名しかいないという状況も将来は考えられる。固定資産税は「民」が不動産を買い、そこに対して徴収するが、しかし、「民」が不動産を買う事自体、「民」に多くの負担を強いる。生涯の半分をローン浸けにして、折角稼いだお金を無くすことに成る。不動産が上がると言う事は、日本ではありえないので、「官」は未来型住宅を賃貸する。これは前項でも記述した。「官」は「民」が稼いだお金に課税しているが、そうでは無く、自由に稼いだお金、将来は稼いで貯めたお金は、完全にシースルーで、幾ら貯めたかが、ハッキリ見える。この貯めたお金から、共同負担金として、流動資産税をはらう。デジタル化されたお金から、徴収するので税務署という機能も縮小できる。なにしろ政府「官」を小さく出来るので、最終的に「民」の資金が増大し、「民」の流動資産を合計を5000兆円に出来れば、国家は「民」による、完璧な民主化によって、完璧な「官」が完成する。2000年以上続いた、王政国家。「官」が「民」を支配する構図から一気に変革し、その変革が日本の富国に繋がるものだと考えている。

国民の自分の土地が無い、しかし「官」国が管理する。何か共産主義のようだが、しかしそれが効率的に「民」の富を増やせるように成るならば、決して間違っていないし、故に「官」国が「民」の国土を守る事に「民」は持っているお金を放出する。まさしく国の民営化であり、22世紀の富国論であるように思える。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000