フィリピンでは欠かせない一番小さなスイスアーミーナイフ

いやフィリピンはというか日本以外の国では、50年前にスイスに行った時に見つけた一番小さく軽いスイスアーミーナイフが不可欠だ。いつも持ち歩いている。日本の包装は一か所に張られたテープを外すと、全てが剥がれる。包装と言う中身を守る事が目的だが、同時に日本人はそれをはがす人の事までも考えている。これは包装のみならず、パッケージや缶、ボトルの全てに行き届いている。しかしこの精神はアメリカ、ヨーロッパを含め希薄で有り、中国やアジアその他の国の製品では、中身を守る事が目的にも達せず、その上中身を取り出すには大きな力が必要だ。フィリピンの封筒や包装、ガッチリセロテープで張りめぐらし、そしてホチキスまでしてある。そうした時にはこのナイフは大変役立つ。細かい例だが、私は最近日本のブルガリアヨーグルトを買うが、開封は素晴らしく滑らかに開けられるが、同じケースに入る、地元ネスレ―が出すヨーグルトはすごい力が必要で、たまにはこのナイフでこじ開ける。ジュースを開けるのでもなんでも、日本製で無いと、凄い力か、こうした道具が無いと開かない時も多い。世界を回ったが、日本以外はそうだ。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000