やはり既存概念の高層ビルではダメな理由「心神の夢想2020」その13

私の「心神の夢想2020」を考え始め、まだ誰も協力者も居ない、土地勘もない新天地に論理的な夢を作る。これが私の生き方。1985年からの経緯は此方からhttps://www.munetomo.club/pages/1525396/shinshinnomuso 今回はその13です。

今東京の高層マンション計画が頓挫している。持ち家を苦労して買った人が将来抱える爆弾。高層ビルを勝った人、建てる人が今悲鳴が上がっている。これは80年間人間が持った妄想でしかない。高層ビルは2階建てを建てる建築コストの2~3倍のコストが掛かる。しかしニューヨークを見た人が、これが未来の都市、未来の住まいだと、当時の夢想をしたのだが、「心神の夢想2020」ではこの既存の概念の終焉で有る。高層ビルに事務所を持つことが会社のステータス、高層マンションに住むことが個人のステータスという事で、お金を使い、いざお金が必要な時にお金が無い。私の基本発想は「日本の人々にお金を充分に分配する事」一人平均2千万預金、5000兆円の現金資産があり、負債は0、流動資産課税一本で固定資産税、所得税、消費税の廃止。住居は月額1万円。2万円、3万円、4万円、最大5万円で全て賃貸、もっと大きな家や事務所が必要な人はこのモジュールを継ぎ足す形で、固定資産税は発生せず、市町村の第三セクターが賃貸を行う。50年間は修復が必要ない部材の開発とモジュール化。ドローンや自動運転ロボットが食材や洗濯もの、あらゆるものを自動に運びやすい形式を作り上げる。5Gを使ったAIとの連携。高層ビルがなぜ流行ったかは、エレベーターによる移動の効率化、狭い場所に多くの人を住まわせるメリットだが、自動運転の移動手段がこのメリットを作り上げる。そんな「心神の夢想2020」である。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • elmo2015

    2018.12.14 09:14

    こんにちは! 素晴らしい構想ですね!!