50万年の人類の歴史上、この150年は超加速度進化で22世紀を迎える。

50万年くらい前には、原人による火の使用の痕跡が中国の北京で見つかっています。これが北京原人(ホモ・エレクトス・ペキネンシス)です。聞いた事のある人もいるでしょう。 火を使えるようになると、暖を取れるばかりでなく、夜には明かりとなり、猛獣を遠ざけたり、食べ物を加熱調理したりすることもできます。

という時代からちょっと前まで、然程変化がなかった時代。しかし私の子供の頃はテレビも無かった時代、20歳のときにはパーソナル・コンピューター、35差の時に携帯電話と超加速度的に進化し、今やそのコンピューターも1億倍の計算が出来る量子コンピュータの時代へなり、通信革命も第5世代を迎える。そして自分が考え判断できるコンピューターAIが誕生し、今までテレビの延長である2次元画像は、3次元画像えと変わりつつある。

故に22世紀を見据えた、人間の健全なあり方、生き方を今考える時でもある。日本人の場合、その進化の中心にいるが、人間の頭が、既存の考え方で、現実に遅れをとっているのが現状です。それを実感させる。それがJVA計画でもある。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000