何時も人々(大衆)の反対を考える私(😁)。

山師(やまし)という言葉がある。元々の意味は山を歩き回って鉱脈を見つけたり、立木の売買をしたりする職業の人。だが大ぼらを吹いて、人々を山に来させる(誘導する)ことから詐欺師の代名詞にも使われている。そういった意味から私も山師なのかもしれないが、私ははっきり言って違う。最近、積水ハウスが詐欺師集団に55億円騙された。これは大衆の考えで、未だに高層ビルを建てれば、ちまちまと1軒ずつ戸建住宅を売るより、儲かるという大衆の野心が社内にあったから、足をすくわれた現象である。すなわち企業内(騙された側\)にも山師の感性があったからだ。バブルもそうして引き起こされる構造である。自動車産業で言えば、日産は山師集団。トヨタ、ホンダ、スバルは物作り集団で、ちまちまであろうがコツコツと明日を信じ、作り続ける。本当の「山」を知っている山師である。

実は大衆とは見果てぬ夢を見る山師なのだ。私の前にも大きな山が見えてきた。さあこの価値のある山はちまちまだがコツコツと明日を信じ、登りり続ける山だと信じて、(大衆)の反対を考え、進む私

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000