22世紀の年金、税金、医療保険を考える。

FUTUROLOGY 2100 INSTITUTE 未来学2100研究所として 考えなくてはならないのは未来学即ち社会学の一部なので22世紀の社会がこうあれば良いと予想し、それに近づける事も必要かと思います。 100歳、150歳と寿命が伸びて、細胞の活性化からいつまでも働けたら、年金受給がいくつからという発想は無くなります。いや年金という発想が無いかもしれません。我々の目標はJapan Mutual Happiness Visionary Action Plan(JVA計画)であり、人にとって「幸福」とは何か? それは「有り余る時間。有り余るお金」だと定義をしています。有り余るお金を作るのに、住宅を25年ローンで買うことは、生涯収入の多くを住宅費に使い、ローンが終わったら、その住宅には価値がなく、結局多くの費用を使ってお金を無くしただけというものを無くし、人生は借り物、家も借り物、という社会常識に立つと考えています。そのために固定資産税という概念もなくなり、自治体が住居を作り貸すとなると考えています。社会主義では無いですが、国家が大家となるわけです。そして当然お金は電子マネー化しているでしょうから、国家からはその人が幾ら預金しているかがわかります。今でも名寄せで税務署は把握していますので同じことです。そこで所得税というものでは不要になります。いくら預金が増えたか解るわけですら、有り余る時間。有り余るお金」の預金金額に課税すれば良いだけだと考えられます。勿論消費税もお金を増やす阻害要因ですからなくなります。こんな22世紀を考えています。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000