22世紀の反重力エンジン・プラズマ移動で人間社会が変わる。

反重力原理は万有引力は離れた二つの物質の間に働く力であるから、物体の間において何らかの方法を用いてその伝達をさえぎってやれば、その影響を脱することができる方法も考えられる。またプラズマとは固体・液体・気体に続く物質の第4の状態である。狭義のプラズマとは、気体を構成する分子が電離し陽イオンと電子に分かれて運動している状態であり、電離した気体に相当する。宇宙空間においては全宇宙の質量の99%以上がプラズマであり、プラズマは最もありふれた物質の状態である。

実際アメリカでは次期アメリカ主力戦闘機と言われている反重力エンジンのTR-3Bの研究開発でプラズマを制御する技術で反重力エンジンを作ることが進んでいる。

日本でも各大学の研究室やJAXAで研究が進んでいる。22世紀はUFOのこの技術は人間の手に入ることは間違いが無いと考えられる。

Atsukuni Munetomo 棟朝淳州

フィリピンに来て32年。多くの教訓を得ました。この度そうした教訓を皆様の海外生活で少しでも何かのお役に立てばと思いこうしたサイトをオープンしました。

0コメント

  • 1000 / 1000